こんにちわ!
わたしは、チノンです。

『悩みのタネ 探してます』 どうぞご覧下さい。

 

『悩みのタネ 探してます』

作/しらいし*まり(ユックリッピ)

 

チノンは、ガチョウの背中にのり 悩んでいる人を探します。

悩んでいる人を見つけたら 真夜中にこっそりと 

悩みのタネを 耳の穴から不思議な道具で抜き取ります。

悩みのタネを見るたびに、チノンもなんだか悲しくなるのです。

 

その悩みのタネを大事に持ち帰り チノンのひみつのかくれがの畑に植えます。

出て来る芽は、たいていこんがらがって、苦しそう。

色とりどりの水をやり 話かけ こんがらがった芽をほどきます。

 

悩みのタネは、しだいに元気になり 

花が咲き 希望のタネが生まれます。

 

希望のタネは チノンの畑では育ちません。

希望のタネは、悩み主の中でしか育たないことを知っています。

だから 希望のタネのきれいな輝きだけをみるのが楽しみで

それを充分楽しんだら また夜中にこっそりと

悩み主の耳の穴へ不思議な道具で 元に戻します。

 

チノンはそれで満足です。

そしてまたガチョウの背中にのって 悩みのタネを探しに行きます。

 


2008年「ファインフィールド」にて展示

 

Topへ >>>